飲食業にはケータリングカーがオススメ

公開日:  最終更新日:2015/11/28

飲食業を行う際、ほとんどの人は店舗型の経営をしています。確かに、一定の場所に店を構えるので安定して経営が出来るというポイントがあります。しかし、店舗の場合は欠点があるのです。人の多い場所、客層と言うのは時間帯によって異なります。そのため、店舗の場合はお客さんが全く来ない時間帯が出来てしまい、売り上げが不安定です。

しかし、ケータリングカーの場合は、時間帯によって店ごと移動させることが可能です。昼と夜で営業場所を変えて、安定した売り上げを出す事が出来るのです。移動販売というと焼き芋屋の様なイメージがありますが、焼き芋以外でもたくさんの飲食物でケータリングカーを使用する事が出来ます。例えば、アイスクリームやたこ焼きでもケータリングカーでの移動販売が可能です。設備さえ整っていればどんな食品でも製造販売をする事が可能です。そのため、ケータリングカーの可能性は無限大ともいえ舞う。

また、他にもケータリングカーのメリットはあります。それはイベント出店の時です。普通の店舗の場合、イベントに出店する際に備品を移動させるのが難しいというデメリットがあります。また、設備を全て動かすわけにはいかず、せっかくの出店のチャンスなのに十分な販売が出来ないという事もあります。しかし、ケータリングカーにはこのようなデメリットがありません。イベント時には店舗ごと移動すれば良いので、備品も設備も全て移動させることが可能です。そのため、普段と同じクオリティの販売が出来るのです。

このような時に車1台だけで移動できるのも、大きなメリットです。日本ではまだ一般的ではありませんが海外ではケータリングカーの需要は高く、最近でケータリングカーでの飲食業を行う人が増えてきました。そのため、日本でケータリングカーで商売を行う人は海外に行って勉強する人も増えてきているのです。新しい飲食店の形として、ケータリングカーは注目されているのです。

PAGE TOP ↑