飲食店を運営していく時に掛かる費用

公開日:  最終更新日:2016/01/05

飲食店を経営している時に得る収入は、主にお客様が利用した代金である事が基本で、サービスの見返りにお客様から得た金額を売上として勘定する事が原則です。勘定した売上の中から仕入れに掛かった費用や人件費などを差し引いて、家賃などの経費を差し引いた額を営業利益として勘定します。お客様に対して売った額や経費に関しては変動する事が基本で、変動の特徴を生かして利益を調整する事が可能です。イベントなどでお客様がいつもより多めに利用していて、入ってくるお金が多ければ飲食店の営業利益は大きくなります。

飲食店の経営は基本的に1ヶ月毎に利益などの目標を立てて、目標の数値を超える事を鑑みて営業をしています。1ヶ月に販売した額を定めて、安定的に運営していけるように人件費などの経費を調整しながら毎月の事業に関する計画を立てています。入ってくる収入が少ない状態で経営の維持が難しい場合、人件費を削減するなどの措置を施す事が多いです。これまで従業員を正社員として雇っていて人件費を圧迫させていた場合、アルバイトの従業員の比率を大きくして賃金を安くして、経費を削減する方法があります。従業員の生活の事を考える場合、一部の業務をオートメーション化にして、在籍している正社員の数を減少する経営の手法もあります。

飲食店は一般企業として事業を運営していて、損益分岐点に従って利益を出し続ける事で長期的な経営が可能です。創業の時は元気があって安定的に収入を得たとしても、同業者の競争などで売上が下がってくる事も日常的に起こる事です。同じ人が安定した長期の運営を持続させる為には、周囲に負けない商品の開発に取り組みながらお客様の支持を得たり、利益が出るように事業計画書をしっかり作成して、将来にわたって安定した事業を立てていく事が大事です。損益分岐点などの営業に関わる用語をしっかり理解して、運転資金などを活用して資金繰りを円滑に行える知識を持っておく心構えが大切です。

PAGE TOP ↑