飲食店で働くために面接に行くこと

公開日: 

飲食店で働きたいと思ってアルバイトニュースなどの求人サイトを見ていくともの凄い求人数であることにびっくりすることがあります。どこのお店も慢性的な人手不足を抱えていて、人手が足りない、あるいは十分ではないことが多いのです。高校生や、比較的年配の人が採用されたりもします。このように確かに飲食店は人手を必要としているのですが、誰でもよいというわけにはいかず、やはり働ける人を選ばなければならないという現実があります。特に接客業でもあるのでルックスも関係してきますし、できるだけ清潔感のある人を選びたくなるものです。そして髪の毛などもあまりに奇抜で長い髪をしていると調理された食事を出すときにあまりよい印象を与えないかもしれません。特にお店にこだわりのある洋食系のお店や高級飲食店などではオーナーはスタッフ選びを厳選するのです。

それでそのようなお店で働きたいと考えて面接にいくときには、間違いなく採用されるだろうという態度ではなく、できるだけ好印象を与えることができるような態度や受け答え、そして服装や髪型にも注意を払っていきたいものです。面接のときに、お店側からいろいろな点を指摘されるかもしれず、お店のイメージや守るべきこと、そしてしてはいけないことなどの注意の説明を受けるならばそれらを真剣に聞いて、お店の役に立ちたいということを態度で表すようにするのです。そうすることで面接でもよい印象を持ってもらい、働くことができるようになるのです。そして飲食店というのは早くからオープンのために準備をしたり、仕込みをしたり掃除をしたりということをしていきます。最初から重要な仕事をまかせられることはないかもしれませんが、信頼されるようになっていくと大切な仕事もできるようになっていきます。そうすると自分の中で居場所のようなものができて、仕事が楽しくなっていき、同じ職場で友達ができたりして自分を広げることができるようになるのです。

PAGE TOP ↑