飲食店の具体的な内容などについて

公開日:  最終更新日:2015/11/17

飲食店とは具体的な内容として、まず食品を調理してお客様に出すことをする営業店の事をいいます。またきちんと設備の整ったところで営業しなければいけないという決まりもあります。また飲食店はおおまかに分けると3つに分けることができ、一般飲食店、遊興飲食店、宿泊店とわけられ、飲食店と呼ばれるものは一般飲食店です。

一般飲食店とは、レストラン・そば・うどん屋・中華屋・喫茶店・大衆食堂などがあてはまります。営業をするためには、食品衛生管理者を置くことが義務とされており、調理師、食品衛生管者、調理師、食品衛生監視員などがそれにあてはまります。全ての管理者を置かなければ営業することができません。

飲食店を開店して営業するためには、まず利益率を考えなければ飲食店が長続きしませんので、成功した飲食店をはじめるためには最初に決めることをきちんとしてから営業をスタートすると良いでしょう。飲食店は料理がおいしいからといって必ずしも成功するというわけではないですし、立地なども考えなければならず本当に成功するためには大変だと言われています。

チェーン店などもたくさん開いていることもありますが、売り上げが落ちれば閉店になることもあり、逆に繁盛していればお店の広さを広げていかなければならないこともあります。

素人が飲食店を開くのはかなり難しくできれば飲食店について知識のある人と一緒にお店をオープンした方が成功する秘訣といえます。飲食店の原価率は3割といわれていることが多いですが、立地や条件などによってはもう少し低くなったり高くなる場合もあります。人件費に求められる数字としては、料理の内容などにもよりますが普通は25%から40%くらいと言われています。普通言われているのは、高い食材を使用しているお店は人件費が低く、原価が低い食材などを使用しているところは人件費が高くなると言われています。

いろいろ勉強してから飲食店は開いた方が良いでしょう。

PAGE TOP ↑