飲食店の経営は、難しくとも夢がある仕事

公開日:  最終更新日:2015/11/10

飲食店を経営することは、難しい面もあります。お客様あっての商売ですから、それが滞ったら経営は難しいものです。ライバル店との差別化やお客様を惹きつけるための工夫など、創意工夫が求められます。最初だけでなく、継続していく情熱も求められます。相当な覚悟や志がないと、せっかく飲食店を始めても中途半端で終わってしまうでしょう。しかし、それだからこそ頑張れる面白味もあるものです。例えば、お客様に喜んでもらえたら、それが大きな励みになります。何度も足を運んでくれる常連さんができれば、さらにやる気に繋がります。

人間にとって食べる事は生きる喜びのひとつです。美味しいものをいただくと身体が喜ぶような幸福感にひたれます。愛情を込めて丁寧に作られた料理は、一口食べただけでも分かるものです。ある意味料理とは、愛情のバトンのような気がします。心を込めて料理をすればそれが料理に込められ、食べた人に伝わるのだと感じます。ただ味が良いというよりは、心が込められているから美味しくなるのです。

飲食店を始める際には、その部分が一番大切でしょう。儲けばかりに気が回っていると、お客様はついてこないでしょう。どんなに見た目のよい料理でも、食べてがっかりする事はよくあります。また手が込んでいても、がっかりすることもあります。何かが足りないのです。飲食店が繁盛するには、また行きたいと思えるような、独自の魅力も必要なのでしょう。

流行る飲食店とそうでない飲食店の違いが何かと言えば結局、経営者のお店に掛ける愛情なのではないかと感じます。その愛情が独自の魅力を生み出してくれます。お金儲けではなく、食べて喜んでもらいたいと言う熱意が、味やサービス、お店の雰囲気に魅力として現れるのです。そう考えると、飲食店は情熱をもって頑張れば頑張った分、お客様の反応と言う形で答えが返ってくる訳ですから、大変やりがいがある仕事と言えます。しかも生きる幸福感に繋がる「食」を通じて喜びを与えることができる、大変夢のある仕事なのです。

PAGE TOP ↑