大型サイズのケータリングカーを使う

公開日:  最終更新日:2015/11/19

ケータリングカーとして使うと楽のサイズはある程度決められた枠内になっていますが、最近では巨大なトレーラーをケータリングカーとして利用する方法が考案されています。

トレーラーなので、サイズが非常に大きく小さなプレハブを移動しているような状況になります。車を入れることができる場所が限定されてしまいますが、それでも多くの在庫と一緒にお店を移動することができるので、イベントなどではとても重宝するケータリングカーとなります。

そんな、巨大サイズのケータリングカーで実際に営業をしている企業がありますが、証明を使えたり、悪天候の場合でもお客さんを迎え入れる事ができたりするため、売り上げが安定しているといったら状況があります。

イベントにおいては悪天候になってしまうのは仕方がない事であり、売り上げが大きく左右されてしまうのは仕方のない事だと考えられていました。

しかし、大型のトレーラーを移動する方法であれば、ある程度の悪天候でも営業を継続する事ができます。逆に、野外イベントであれば雨宿りのために多くのお客さんがトレーラーの中に入ってくる可能性があります。

ただ商品を見ながら立っているお客さんは少ないので、美味しい匂いに誘われて軽食がどんどん売れる可能性があります。そうなってくると、他のライバル業者が通常サイズのケータリングカーを使用しているのであれば、差をつけるためにも大型の車を準備するのは一つの良い考え方になるはずです。

一般的な車両サイズであれば、イベントで使う食料の在庫を車の中に全て入れることができないので、もう1台のサポートカーが必要でした。それらを必要とせずに全て在庫も入れたまま移動できるというのはとてもメリットが大きいのです。

このようなメリットづくしの車両ではあるのですが、ただ一つだけ悪路や狭い通路を通すことが困難なため、イベントで利用できる範囲が限定されてしまう可能性があります。この部分がクリアできれば、より安定した収入が期待できるのです。

PAGE TOP ↑