飲食店は客にとってナンバー1になれるよう努力すべき

 飲食店は、ジャンルごとに客の中でナンバー1があるということに気付きます。それは、たとえばラーメン屋だったらこの飲食店、カレーライスを食べるならこの飲食店、から揚げの食べいたならこの飲食店などです。ナンバー1の店が身近にあるにもかかわらず、ナンバー2や3の店はなかなか利用しようとは思いません。なぜなら、あくまで客の中の判断ですが、ナンバー1を利用したほうがその満足度は高くなるからです。

 それをお店側から考えてみると、誰かにとってナンバー1の店にならなければ客入りは安定しないということになります。飲食店を利用したとき「悪くもないけど良くもない普通のお店だな」と思うことがあります。それはけなしているわけではなく、安定して利用できるという意味です。しかし、実際のところその飲食店を何度もリピートするのかというと、やはりそんなことはありません。行ってもそこの満足度がどれくらいなのかはもうわかっていますので、どうしても足が遠のいてしまうのです。つまり、飲食店が客入りを安定させたいのなら、客にとってのナンバー1を目指さなければいけないということです。

 最近はグルメブームが到来していますので、日本人の舌はかなり肥えてきています。その中で他の飲食店を差し置いてナンバー1の座に躍り出ることは、かなり厳しいことです。しかし、客は正直ですから飲食店選びをするときはそういう考えのもとに選択しています。

 質より量、高価より安価、サービスよりスピードで飲食店を決めることもありますので、チェーン系の飲食店でも客入りを安定させることはもちろんできます。ただ、それはそれでチェーン系の飲食店ナンバー1にならなければ客入りは安定しませんから、その争いが激化しているということに変わりありません。

 飲食店はどのオーナーも自信を持ってオープンさせているのかもしれませんが、その自信通りの結果をおさめられるのは一握りです。ですので、客にとってのナンバー1になるべく努力をしなければならないのです。”

オリジナルなケータリングカーにカスタマイズする

ケータリングカーは既存の物でもその形状からデザインに渡って様々な物が販売、レンタルされていますが、自分がケータリングカーで扱いたいと思っている商品が必ずしもそれらに上手くマッチするとは限りません。
多くのケータリングカーは、食品などの移動しながら販売するにあたってポピュラーなものに焦点を当てた形状やデザインが施され、それらを調理するのに適した設備が搭載されているのが普通ですが、自分自身で考案したオリジナリティのある食品等をケータリングカーで販売しようとした場合、そうした既存のケータリングカーを使っていたのではカバーできない部分も出てきます。

そのように独自の商品を販売していこうという場合には、ケータリングカーにも自分の販売する商品に合わせたカスタマイズを施すことが必要になって来るでしょう。
オリジナルの食品をケータリングカーで調理して販売したいという時、まず必要になって来るのはそれを調理する設備です。これに関してはあまり特殊な物でなければ既存の調理設備でいくらか対応する事は可能ですが、その食品が特殊な形状をしていたり、特殊な調理が必要になってきたりする場合には、新たにそのための調理設備を設置しなければなりません。

またケータリングカーの外観や内装で販売したい商品のイメージを伝える事も、お客さんにアピールをするためには大事な事ですから、外観や内装をカスタマイズして、独自のデザインを作り上げるという事もオリジナル商品をケータリングカーで販売するときに拘っていきたい部分です。

そうしたカスタマイズを施すには、個人でやろうとするとかなり専門的な知識や技術が必要になってくるので、そうしたスキルを持っていなければ専門の業者に委託するのが一番手っ取り早い方法になります。
その際、自分の思い通りのケータリングカーに出来る限り近づけようと思うのなら、その業者と密に連携をとって自分の希望を余すところなく伝えるようにすると良いでしょう。

外国人も自国料理を販売できるケータリングカー

外国人が日本で飲食店を開業したいと思っても、資金面や保証人などの問題でそれがかなわないことが多々あります。日本人ですら飲食店の開業はとても難しいものですが、本場の味を武器にできる強みがあることは羨ましい部分です。外国人でも自国の味を紹介したいと考えているなら、ケータリングカーが最適です。最初から店舗を持ちたい、店舗経営しか考えていないという人でも、どうしても周辺地理や顧客の流れをつかみきれずに閉店してしまうリスクがあります。

それを回避できるのが、ケータリングカーの存在です。ケータリングカーなら、レンタル料を支払うだけで借りられますから、あとは自分の腕を見せるだけです。材料の仕入れから仕込みまでをこなし、あとは自分の決めた場所で販売するだけですから、外国人でも自国の料理自慢をすることは可能です。実際に、店舗の経営がうまくいかずにケータリングカーに乗り換えたという人もたくさんいます。これは、店舗経営としての計画がうまくいかなかったとはいえ、ケータリングカーに場所を移して経営すれば、コスト削減になりますし、店舗がどの通りに面しているからダメだったという言い訳もなくなります。

ケータリングカーなら、場所に不満があれば移動すればよいのです。なかには、同郷の外国人と一緒にケータリングカーで自国料理を販売するケースも増えています。店舗の手伝いならアルバイトとして雇わなくてはならないことも、ケータリングカーならそれほどの人件費もいりません。ひとりで経営することが基本ですし、誰かに手伝ってもらうのであればほんの少しの時間で可能です。うまく経営していけば、大繁盛とまではいかなくても、十分に売り上げをあげられます。売り上げの見込みもつきますし、無理を重ねて銀行から運転資金を借りなくてもよくなりますから、経営のストレスはずっと軽減されるはずです。赤字を埋めるための借り入れほど無駄なことはありません。

飲食店で成功する為の運営の行い方

飲食店で長期間に渡って成功を維持し続ける為には、原価の割合を調整したり、効率良く従業員を配置する事が基本です。開業の時には立地の場所を経営者の判断で決めますが、基本的には人が多く通る場所の近くで経営すれば成功するという考えは間違いです。魅力的なメニューや環境などを鑑みながら、お客様の稼働率を上げていく事が成功に対する最低限の条件であると言えます。

飲食店を開業した時には、広告などの宣伝の効果の影響で多くのお客様が詰め寄る傾向です。開業した日の売上は、いつもの日よりも大きくなる事は当たり前です。経営者は1日だけでの結果で満足しないで、再度飲食店に来てもらう為のリピーターを作ったり、普段のメニューよりも味にこだわりを持ちます。魅力的な料理をお客様に提供する努力を継続する事を考えて、常連として何度も美味しい料理を堪能するために日々改新しながら料理を提供する事が重要です。お客様は初見のメニューに関しては醍醐味を感じていても、何度も同じ料理は食べたくない事を考えて、日が経てば自然的に売上が下がるのは当たり前です。安定して運営していく為には、お客様からの継続的な信頼が基本的な条件であると言えます。

飲食店が継続的に繁栄するかどうかは、日々の数字の結果に関わってきます。納得した売上の数字を継続的に出す為には、メニューの内容や環境の要因も影響しますが、お客様をおもてなすスタッフの仕事に対するモチベーションの要因もあります。厨房などの業務を担当する従業員は、責任者と一緒に新規のオープンの前に徹底した研修を行う事が原則です。単にメニューを作ったり、お客様を所定の席に誘導させるなどの作業を行う事ではなくて、成長に繋がる研修を徹底する事で飲食店の繁栄に大きく前進をします。スタッフとして仕事に従事するという考えは捨てて、従業員の全員が経営者の意識をイメージしながら業務に邁進すれば、自然的に高品質な料理が作れるようになって、結果的にお客様からの支持を貰えます。

良い飲食店はあなたの身近にもあるはずです

ある程度年齢を重ねた人が見知らぬ飲食店に飛び込んで美味いものに出会い喜びを感じるというドラマが一部で流行っていますが、極端な話、あの真似をしていけばきっと自分好みの飲食店に出会えるはずです。
ただ、条件としてある程度の経済力や時間の余裕も必要になってきます。

住んでいる場所にもよりますが、都会に住んでいれば歩いて行ける距離になにかしらの飲食店は必ずあるはずですから、そこにまずは飛び込んでみることです。
周囲に人も住んでいないというような所にお住まいの方はバイクや車などで行ける一番近い場所にある飲食店から、ローラー作戦というのもいいでしょう。
出会った飲食店の店員や主人と仲良くなるのもいいですし、何回か通うことで自分が好きなものに出会うこともあるかもしれません。また逆に、何度通ってもがっかりしかしないということもあるでしょう。

今時、不味いものばかりを出し続けている店が長年続けられるほど飲食店への消費者の目は厳しく、自然淘汰され続けています。
なんらかの特別な理由、例えば完全に趣味で経営していてお金儲けが目的ではないとか、どこかから資金が出てきていて料理の良し悪しを関係なく営業している飲食店などを除けば、まず驚くほど不味いという飲食店はないはずです。

飛び込み入店で当たりか外れかは個人の運にかかる部分が大きいです。
どうしても、飛び込む勇気がないとか、飛び込んで失敗をすることを避けたいという場合は、某有名飲食店評価サイトなどを参考にしながら、飲食店巡りをしてみるといいでしょう。

特に一人暮らしを始めたばかりだとか、家で食べることがほとんどで飲食店や外食というものに縁遠い生活を送ってきたという場合には飲食店選びの基本を学べたり、指針にもなってくれるはずです。
料金の相場はもちろん、メニューも詳細に書かれていたり、情報が多い店ではメニューを写真にとったものを掲載してくれていたり、料理そのものの写真を掲載してくれている場合もあるので、失敗をしないという意味では大きな味方になってくれるはずです。

ケータリングカーの車種はいろいろある!

最近はイベントや大型スーパーの近くでケータリングカーを見かけることが多くなりました。美味しそうな香りと魅力的な外観で、興味をそそり思わず買ってしまう!なんて経験があるのではないでしょうか。買うつもりはなくても作っている姿をみて買うこともありますね。あのケータリングカーは形は決まっているのでしょうか。よく見るとわかると思いますが、実はいろいろな車種から作られているのです。

まず、軽バンでのケータリングカーは比較的よく目にするのはないでしょうか。小さくて可愛い車で見た目にもおしゃれです。たこ焼き屋さんやたい焼き屋さんなど、作るのにあまり場所をとらずにシンプルにできる料理に利用されることが多いですね。簡単にできるので、取り組みやすいといえるでしょう。まずは軽バンからスタートする人もいるのです。

また少し大きめになってくると、軽トラのケータリングカーも増えてきています。たとえば餃子屋さんやおからドーナツ屋さんなどで見かけることがありませんか。また最近は移動型カフェという移動販売車として、軽トラが使われることもあります。こちらもおしゃれにデザインされて思わず目をとめてしまいますね。

さらに大きくなると、ライトエースやハイエースをケータリングカーにするという場合もあります。だいぶ見た目も、目立つようになってきています。ハンバーガー屋さんやクレープ屋さんなど、メニューの種類も増えていくのが特徴ですね。いろいろなバリエーションが楽しめるので、イベントなでも人気があります。

こにように移動販売車には、いろいろな車種が使われるようになってきています。また最近は企業のイベントや大規模の食の催し物では、プロが使えるような大きなキッチン付きのケータリングカーの需要が増えてきています。大規模なイベント等で大活躍する姿を見かけることもあるのではないでしょうか。時代とともに、ケータリングカーの形や大きさが変わり今後も見逃せませんね。

飲食業にはケータリングカーがオススメ

飲食業を行う際、ほとんどの人は店舗型の経営をしています。確かに、一定の場所に店を構えるので安定して経営が出来るというポイントがあります。しかし、店舗の場合は欠点があるのです。人の多い場所、客層と言うのは時間帯によって異なります。そのため、店舗の場合はお客さんが全く来ない時間帯が出来てしまい、売り上げが不安定です。

しかし、ケータリングカーの場合は、時間帯によって店ごと移動させることが可能です。昼と夜で営業場所を変えて、安定した売り上げを出す事が出来るのです。移動販売というと焼き芋屋の様なイメージがありますが、焼き芋以外でもたくさんの飲食物でケータリングカーを使用する事が出来ます。例えば、アイスクリームやたこ焼きでもケータリングカーでの移動販売が可能です。設備さえ整っていればどんな食品でも製造販売をする事が可能です。そのため、ケータリングカーの可能性は無限大ともいえ舞う。

また、他にもケータリングカーのメリットはあります。それはイベント出店の時です。普通の店舗の場合、イベントに出店する際に備品を移動させるのが難しいというデメリットがあります。また、設備を全て動かすわけにはいかず、せっかくの出店のチャンスなのに十分な販売が出来ないという事もあります。しかし、ケータリングカーにはこのようなデメリットがありません。イベント時には店舗ごと移動すれば良いので、備品も設備も全て移動させることが可能です。そのため、普段と同じクオリティの販売が出来るのです。

このような時に車1台だけで移動できるのも、大きなメリットです。日本ではまだ一般的ではありませんが海外ではケータリングカーの需要は高く、最近でケータリングカーでの飲食業を行う人が増えてきました。そのため、日本でケータリングカーで商売を行う人は海外に行って勉強する人も増えてきているのです。新しい飲食店の形として、ケータリングカーは注目されているのです。

腕試しでケータリングカーから始めるのもよし

野外のイベントやビジネス街でケータリングカーを見ると、どうしても誘惑に勝てないという時があります。ケータリングカーにはちょっとした魅力がありますが、引き寄せられてしまうのはお得感やオリジナリティが期待できるからです。

ケータリングカーで食べ物を販売しているのは、その店主のセンスが大きく影響します。どんな料理であっても、オリジナリティが必要ですが、特に飲食店は出店しても潰れてしまうことが多く、長く続けるのはとても大変といわれています。
常連客がつかなければ飲食店は難しい、昼よりも夜の方が歩合が良いからランチだけの店舗は売上が出ないともいわれており、飲食店を開きたいと思っても躊躇してしまう人が多いのも頷けます。

その点、ケータリングカーの場合は初期投資が少ないため、それほどの資金を必要としません。通常の店舗なら店舗契約をする前から様々な資金が必要で、ほとんどの場合は銀行などからお金を借りる必要があります。そのための審査もあり、経営計画書などの提出も必要になります。

これらを見ると、料理の腕やセンスだけの問題ではなく、経営者としての資質を問われることが多く、すでにこの段階で心が折れてしまう経営者もいます。そうなってしまうと、もう経営者と言えなくなります。

ケータリングカーなら初期投資額が少ない分、銀行から借り入れをしないで始められる人が多く、中にはサラリーマン時代の退職金で十分に始められるという場合もあります。もちろん、その場合は全額投資ではなく、当分赤字になってもなんとかやっていけるだけの貯蓄に回せますから、店舗で飲食店を始めるよりもずっとやりやすいです。

さらに、飲食店を始めたものの先行きが見えない状態が続きますから、不安になることも多いですが、ケータリングカーで販売している分、ちょっとした安心感もあります。
焦らなくてもケータリングカーで腕試しをしてから店舗経営に移っても、何ら問題はないのです。

飲食店は雰囲気を大切にして選ぶことも多いです

個人的に、飲食店を選ぶに当たって気をつけていることといえばただ単純に価格の安さだけではなく、お店自体の内装の高級感や雰囲気などが挙げられます。
カップルで出かけてデートをしたり、普段なかなか外食する機会がない家族と食事を一緒にする時などには、特に飲食店のムードを大切にしたいものです。

飲食店であるとがっかりしてしまう光景といえば、店員同士がダラダラと喋っていたり、暇そうにしているにも関わらず愛想があまり見られない時です。
気持ち良く接客してくれるお店にはまた通いたくなりますが、いくら料理が良かったり値段が安かったりしても、店員の態度があまり良くなかったり、バイトがだらけた印象だったり、清潔感があまり感じられない店内だと少し嫌だなと思ってしまうことも有ります。

最近の飲食店は昔と違って、かなり分煙に力を入れていることが多いのが個人的には非常に有り難いものです。
食事中にタバコのニオイがすると少し嫌だなと思うことが多いので、飲食店を選ぶ時や、子連れで外食をする時には、分煙されているお店を狙うように心がけています。

この前の休日は、久しぶりに地元の気心知れた友達と、オシャレなカフェにいってモーニングを楽しんできました。
そこのカフェは有名な桜の木があり、非常に庭が美しく手入れされていることで人気です。
桜のシーズンではなかったですが、立派な桜の大木たちや、綺麗に手入れが行き渡っている花々を眺めながら美味しい珈琲やスープ、そして名物の分厚いホットケーキを味わえて非常に心地よい朝でした。
普段朝ごはんは家で食べることが多いですが、たまに外食をして飲食店へ行くと、非常にリッチな気持ちになれたり、幸福感を得られたりします。

朝から慌ただしく料理したり後片付けしなくても、飲食店を活用すればスムーズに出社することが出来ます。
飲食店の存在は忙しい現代人にとって、欠かすことが出来ない存在です。
私にとってカフェやレストランなどの飲食店は心や時間にゆとりを与えてくれたり、大切な人との時間をゆったり過ごせるオアシスのような存在です。

このお店良いなぁと感じて、リピーターになるパターン。

みなさんは大手個人経営と関わらず、リピーターになっているお店ってありますか?私の例を挙げてみると、幾つもあります。まず一つは単純で安いお店です。これは、大手牛丼屋やハンバーガーチェーンが挙げられます。

単純に、安いお店はお小遣いの少ない私にとっては、助かるからです。また、そういう安いお店は料理が出来る時間も早く、店員さんもてきぱきと働いてくれるので、満足度も高く感じています。それから、他にリピーターになるパターンを挙げてみると、やはり味がおいしいお店です。

これは、喫茶店を例にしてみたいと思います。私は日ごろ喫茶店にて、ノートパソコンで作業をしたり読書をしたりするのが好きです。そのため、今までの人生を思い出してみると、ありとあらゆるお店に行きつくしました。そして、リピーターになっているお店はやっぱり味が深くおいしいお店です。

喫茶店は、マスターのコーヒー豆のブレンドや入れ方により、それぞれ味が異なるのが面白いところです。私が好きなのは、香りが強く濃いコーヒーです。逆に、おいしくないと感じるのは香りが少ないコーヒーです。また、口コミサイトなどを見てもやはり評価の高いお店は、おいしい濃いコーヒーが飲めることが多いように感じます。

それから、最後のリピーターになるパターンは、特別感を味わえるお店です。これは、価格帯は高くても良いのでリッチな気分を味わえるお店です。そのため、日ごろは行く機会は少なくても、家族や恋人の誕生日を祝ったりするときなどに、来店するのが良いです。

私がこれに値するお店は、地元のとあるイタリアンのお店です。このお店は、価格帯はお世辞にも安くはありませんが、イタリア人のシェフが作ってくれる、本格的なお店です。特に、パスタ類はその他のお店よりも格段においしいです。

これらのように、人がリピーターとなるのはいろいろな要因や理由があるものです。これから、飲食店を経営しようという人は、今回の記事を参考にしてみてください。

1 2 3 4 5 6
PAGE TOP ↑