ショッピングモール内にあるシックなカフェ

妻が大型のショッピングモールに行きたいというので、子どもを連れて車を走らせて行ってきました。何やら子供服のブランドのセールがあるというのが目的らしく、妻は自分の服を選ぶ際のバーゲンさながらに子供の服を買い込んでいました。

こういった時、男としては店の外に出て待っているという事に徹しているわけですが、余りにもその時間が長く感じたので、妻に断って同じショッピングモール内にあるカフェでコーヒーを飲んでいました。どこのショッピングモールもそうだと思うのですが、そこにもいくつも飲食店が入っていて、どこも子供連れが多いという印象です。コーヒーがメインのカフェはインテリアもシックな感じの店で珍しいなと感じました。店内にはちらほらと自分と同じように奥さん待ちをしている状態の男性が1人きりでいて、携帯が鳴って呼び出された先に奥さんと子供さんが居て帰っていく姿を何回か目撃したので自分と同じ状態なんだと分かりました。でもこのカフェ、店内に流れる曲なんかもジャズが流れていたりして、ファミリー向けが多いお店の中でも異質な感じのする素敵な大人なカフェでした。

ひと通りカフェで時間を潰した後、私も妻に携帯で呼ばれたのでそのお店を出ました。それからはしばらく自分たちの服をいろいろと見て回って、少し早めの夕飯を摂るためにとこれまたショッピングモール内にある和食のお店に行きました。

今回はショッピングモール内で全部事が住んでしまったわけですが、本当に便利ですね。駐車料金も洋服を購入した店、飲食店を利用した金額に応じて割り引いて貰えたので、1日を通じても安く済ませることが出来ましたし、お得に過ごせたのではないかと感じています。同年代の親子連れもかなり多くいましたので、皆こういったことが魅力で集まってきているのではないかと思います。それにしても、こういったショッピングモール内でも大人のカフェがあるというのは嬉しく、ずっと存在してもらいたいですね。

個室で食事を楽しめるお店は自分のペースで楽しめる

私は、友人や知人とたまに飲食店に行きます。最近、飲食店に行っていてふと気がついたことですが、私の住んでいる地域の飲食店は、個室仕様の飲食店が増えてきているということです。個室に区切られている居酒屋が増えてきています。ランチメニューもある居酒屋飲食店だと、お昼の時間帯でも個室で区切られている空間でお昼を楽しむことができます。

考えてみれば、食事をするお店というのは、個室で区切られている方が、自分たちの空間だけを楽しむこともできるので、心底ゆっくりと食事を堪能することができて良いと思いました。多少騒音があっても、個室で独立してあるので、たいして気にならないものだし、他人の目も気にならないので、のびのびと食事を楽しむことができます。同行者を他人に見られたくない人も多いと思うので、そういう意味でも個室で食事が楽しめるお店が増えてきているのは、良い傾向だとも思っています。

個室ではない方が楽しめるような趣向のお店も当然、あって良いと思います。それはお店の趣にもよると思うで、そういう店はそういう店で存続するべきだと思うし、あった方が良いと思います。個室は個室なりの個性や良さがあるということを、個室が増えてきたことで感じたことでもありました。

お酒が提供されるような居酒屋の場合、店内の無関係の他の客とお酒が発端となるトラブルも無いわけではありません。実際に見聞きすることもあるだけに、そういう意味でも個室のお店が増えるのは良い傾向だと思いました。

個室のお店と区切りの空間のないホール仕様のお店までいろいろなタイプのお店があります。目的に応じて、使い分けすることで、食事をより濃いものとして楽しむことができるような気がします。お店でいただくことができるメニューはたいていの場合、食べ物そのものからお皿と装飾まで凝ってあるので、目でも楽しみながら食事も堪能できるのは、外食の魅力です。食事は目からもしているということをお店で食べる度に実感しています。お店での職人さんや板前、厨房の方のおもてなしの心が伝わってくるので、食べていて幸せを噛み締められる瞬間です。

京都の料亭に行くならカウンター形式がオススメ

京都を代表する飲食店と言えば、もちろん日本料理の料亭です。和食が世界無形文化遺産に選ばれてこともあって、あらためて脚光を浴びている日本料理ですが、京都はその本家本元。京都こそが日本料理の伝統を築いてきたのであって、一人前の料理人になろうと思えば、今でも京都の料亭に修行に行かなければならないようです。実際、京都の料亭に行くと、たくさんの若いお弟子さんが厨房で働いているのを見かけることができます。日本の伝統の技を引き継がんとする彼らに惜しみないエールを送りたいものです。

ところで、京都の日本料理屋にはカウンター形式のお店も少なくないです。個室であらたまってお料理を頂くお店なんてのが、むしろ珍しいほどではないでしょうか?ミシュラン三ツ星をとった未在なんかもカウンター形式であって、客は料理人と対峙するようにして、お料理を頂くことになります。こういう高級店に慣れていない私なんかは思わず気後れしてしまいそうになりますが、実際に何店かでカウンターを経験してみると、案外これが良いのかなとも思えてきました。個室で頂くときと違って、カウンターに座すときは、料理人の仕事ぶりが目前で繰り広げられます。これがなかなか壮観です。キビキビとした動き、リズミカルな包丁の音、手際の良い配膳。彼らが磨き上げてきた技を目の当たりにできるのはカウンター形式ならではの醍醐味であって、これを一度経験してしまうと、お座敷で頂くのはいささか物足りないと感じるようになってしまいます。それに、料理人たちの真剣な姿を見れば、供された料理を中途半端な気持ちで頂くこともできません。真剣に味わおうという気持ちが自然と湧き出てくるものです。そういう程よい緊張感がカウンター形式の料亭にはあります。気疲れしたくないという思いから個室の料亭を選ぶ人も多いかと思いますが、一度はカウンター形式の料亭に行ってみることを是非ともオススメします。料理に対して持っていた安易なイメージが揺さぶられ、日本料理の伝統に対する奥深い尊敬の念を刻み込まれると思います。それはとても得難い経験となることでしょう。

新説:飲食店が支える地域経済

まるで政治で経済が動いているかのような錯覚に陥りがちだが、
地域経済というのは、結局のところ、
人間1人1人の労力や情熱で動いているのである。

まず大企業を中小企業が支え、
中小企業の労働力は飲食店が支えているのである。

このように言うと、
職業ピラミッドの底辺に
飲食店があるように聞こえるかもしれないが、
それは違う。

むしろ、その地域の飲食店こそが、
その地域の地域経済を動かしていると言っても
過言ではないのだ!
主役は飲食店なのだ!まず飲食店ありきなのだ!

その地域の飲食店が美味しいものをたくさん提供しているなら、
労働者の労力や情熱は自然と向上するし、
その飲食店目当てで、その地域を訪れる観光客に、
そのまま地域経済の顧客になってもらう事も可能である。

このように考えると、
これまでの政治の進め方に大きく問題があったと分かる。
そう、まず飲食店を作るべきだったのだ。

道路よりも先に飲食店である。道路には目的地が必要だから。
空港よりも先に飲食店である。飛行機にだって目的地が必要だから。
建物よりも先に飲食店である。飲食店は初期段階から必要であり、
              飲食店を超える重要な建物など世の中に存在しない。
オリンピックよりも先に飲食店である。食べなきゃ走れないじゃない。

そして、ただ飲食店を乱立させるだけでは駄目である。
今度は飲食店が美味しい物ものをたくさん提供できるように、
皆で研究、努力していかなければならない。

飲食店のための田畑。
飲食店のための研究所。
飲食店のための工場。
飲食店のための大学。
やるべき事は非常に多い。

しかし、ここまでやれば、
その地域における飲食店のレベルは相当な所まで引き上げられているはずである。
もう毎日がグルメイベント状態だし、
町中がグルメイベント状態だ!
そして、これら飲食店を備える都市に対して、
一体、どんな都市が経済的に対抗していけるというのだろうか?

将来、夢の飲食店先行型グルメ都市の実現もありうるかもしれない。
ここまで書くと、本当に住んでみたいと思うでしょう?”

彼女が選んだ飲食店でデート

遠距離恋愛をしている彼女がこっちで行きたい店があるというので予定を合して合う事に。それで久々に外でデートをすることになりました。いつもなら彼女がこっちに来た時は、適当なものを買いこんで、自分の家でまったりと過ごすことが多いのですが、どうやら彼女には一度行ってみたい飲食店があるらしく、その下調べをしてきたらしいのです。しかもご丁寧にその飲食店には予約の電話を入れているという念の入れようでした。

どこでそのお店に行ってきたのですが、そのお店を知ったのかと尋ねると、テレビの情報番組で知ったとこの事。紹介された住所を見ると、私の住んでいる所からそれほど遠くないというのが分かり、さらによく皆が目にすることの多い飲食店専門の口コミサイトでも口コミで評判がいいらしいとの事で、是非とも行ってみたいとなったようです。彼女はこんな風に美味しいものは大好きで、外食する際は下調べを常にしている気がします。

で、その外食店なのですがすこし町から郊外の所にあり、こんなところにお店なんかあるのかという所にありました。それなのにもかかわらず、入っていった店内では満席にお客さんが入っていました。

彼女が予約していたお店は美味しいお肉料理が評判の和食専門店だったのですが、野菜を使ったメニューも多い店でした。コースメニューを頼んで一品一品運んでもらい、どれもこれも野菜ってこんなに美味しかったのかと思うほど、口に合う料理ばかりでした。そしてメインで出てきた和牛ロースのステーキはニンニクがアクセントになり本当に美味しかったです。前菜から最後に出てきたスイーツまでが完ぺきな流れでした。丁寧な繊細な料理が多いコース料理でしたが、それにもかかわらず値段もリーズナブルで、それがこの値段で食べられるならと人気になるはずだと思えるお店でした。

久々に外食を楽しんだ夜、またこんな風に美味しいそうな店を発見したら行こうと彼女と約束をして2人で私が住んでいるマンションに向かいました。

タピオカの移動販売が流行った時期

数年前にタピオカが流行ったときに、ショッピングセンターのテナントでソフトドリンクなどを販売してるショップに、タピオカドリンクのメニューが増えました。

しかし、実際はケータリングカーにより販売しているショップで有名になったお店があり、そのお店のブランドのタピオカを飲みたいと思っている消費者が増えていたのです。

そうなってくると、そのタピオカ販売の移動ショップが複数台に増えていき、販売する地域も拡大していきました。そうなってくると、本物のブランドのタピオカドリンクを選ぶお客さんが増えてきて、結局は有名になったブランド以外のタピオカドリンクは販売されない状態になりました。

このように、ケータリングカーで販売する移動ショップで、特定のブランドが有名になる場合があります。そうなってくると、ケータリングカーでは手狭になるので店舗を構えて販売するようになります。

最初から、店舗を借りて出店するときにはある程度の資金が必要になります。どれくらいの売り上げになるのかは予想がつかない段階で、多くの投資をするのは難しいと考える経営者が多くなるのです。

お金を借りてまで出展をすると、その後が大変になってしまうので、最初はケータリングカーで自分が目指している味が受け入れられるかどうかをチェックしてみる方が有効だと言えます。

野外イベントなどで、ケータリングカーで食品販売で参加するようになれば、ある程度の売り上げも確保する事は可能です。ただ、そこで良いブランドだと認知してもらえるかどうかがポイントになってきます。

お祭りの時だけ出店していては、美味しい食べ物がどこに行けば食べる事ができるかお客さんが分からない状態になってしまいます。そんな事があるので、毎日同じ場所で販売するようにしていきます。

そして、お客さんがどこに行けばそのメニューを食べることができるか分かってくるようになると、口コミで大きく広がっていく可能性があります。

いつかは行きたいと思っている飲食店はこんなところ!

飲食店にいってみたいと思った時、それはどんな時なのでしょうか。
そのため、どのような店があるのか、まとめてみました。

・雑誌にいつも載っている店
雑誌に載っている店については、その雑誌をみる度に、いつも目を通しているので、頭の中にインプットされているのです。
そのため、いつかはいってみたいと思っているのです。
そしてそのいつかの時間が空いた時に、いってみたいという気持ちになることができます。

・友人や職場の人の評判の店
友人や職場の人の評判と言うものは、一番信ぴょう性があると思っているのです。
身近な人がいいと言う店に、間違いはないからです。
そのため、話しの流れの中で、いいと言うことを聞くことによって、とても行きたいと言う、気持ちになることができます。

・口コミが多い店
口コミが多い店となると、やはり気になります。
またその評判を見た時に、とてもよかったりすると、一度はいってみたいと思ってしまうものです。
クチコミを信じていないと言うところからも、一度いって、自分で確かめてみたいと言う気持ちを持っています。

・テレビで紹介された店
テレビで紹介された店は、いつもいってみたいなと思っています。
それは実際に食べているところを見ることができるので、それを食べたいと言う気持ちになるからです。
そしてそのように思って、よほどのインパクトがある店の場合は、メモにとって必ず行くようにしています。

・秘境にある店
秘境と言われているところにある店は、それだけで魅力があると思っています。
そこまで行くことに、意味があると思っているのです。
秘境と言うところは、景色がよいところが多いものです。
そしてその景色も堪能しながら、美味しいものを食べることができるのではないかと、期待をすることができます。

・限定となっている店
一日何食と決まっている店は、その限定ものを、食べたいという気持ちになります。
限定と言う言葉に弱いので、そのように思っていると感じます。

その飲食店を選択する理由について

飲食店を探す時、どんなところに行きたいのか迷うことがあります。
そんな時、何を基準にして選択をするのか、まとめてみました。

・美味しいこと
飲食店を選択する時に、やっぱりこれは外すことができません。
美味しくなかったら、そこに行かなくても自分で作ればいいと思うからです。
これが食べたいと思える飲食店を選ぶことにしています。

・飲食店の外観が素敵なこと
飲食店を選択する場合、特に女性は外観を気にすることがあります。
それは雑誌を見ている時等、その外観がお洒落な飲食店の場合は、行ってみたいという気持ちになることができるのです。
飲食店は、美味しいということと、おしゃれな店がいいと思って選択をすることが多くなっています。

・内装がおしゃれなこと
外観がお洒落であるということと、同じように内装に関しても、おしゃれな店がいいと感じます。
それも特に女性がそのように思うことが多くなっています。

・駐車場があること
もう一つ大切なこととして、駐車場があることが大事です。
それは、車を利用して、そこに行くことが多いからです。
そしてできれば、多くの駐車スペースがあるところを望みます。
少ない場合は、駐車をすることができるだろうかと、不安な気持ちになりながら行くことになるからです。
そのため、飲食店に駐車場があって、広いということは、かなりのポイントとなると感じています。

・スタッフの応対がいいこと
これも飲食店を選択する時に、とても大切なことであると思っています。
いくらよい飲食店で美味しいと思っても、そこで働いているスタッフの態度がいやと思ったら、そこに行く気持ちになれないからです。
そのため、飲食店を選択する時に、スタフの対応ということも、大きなポイントとなっています。

・室内が広いこと
飲食店にいった時に、満席であるとがっかりしてしまいます。
その点、多くの人を収容できるところであると、まず満席で困ることがないのです。
待ちたくないという人にとっては、その点が重要となります。

お客がつきやすそうなケータリングカーを始めたい

私は過去に飲食業界で働いていたことがあるので、イベント会場やオフィス街でよく見るケータリングカーはとても楽に稼ぎやすい形態のビジネスだと感じて興味を持っています。それほど詳しくはないけれど、素人目で見た感じでは内装にお金をかけなくてもすむし人の集まるところに移動して物を売るというシステム的に宣伝が必要なさそうで、どこかに固定してお店を構えるよりグッとコストが抑えられるが大きなメリットのような気がするのです。だから、飲食の仕事をしていたという経験を上手くその仕事に生かせそうだと考えていますし、私の頭の中ではそれほど遠くないうちにスタートしてみたいと思っています。
食べ物を売るときは許可が必要なので移動販売という方式をとるケータリングカーはどうやってそういう問題をクリアしているのか不思議でした。なぜなら私が抱いていた常識としては、行く先々で許可をもらわないと営業できないと思っていたから、その点は固定のお店と比べてどうなるんだろうと頭に引っかかっていたのです。でもそんな心配は無用だったようで、見た目の自由さと同様に営業許可も場所ではなくお店となる車でとればOKらしいし、俄然やる気がわいてきました。あと気をつけなければいけないのは積む設備みたいだけど、これは場所によって必須事項が変わってくるようなので、移動範囲で条件を調べてしっかり遵守するのを忘れないようにしたいです。
ケータリングカーで営業するのに向いているところというと、私がパッと思いつくものだと屋外の催し物などでしょうか。公園や自然の広がる土地で行われているときだと一番近くのお店でも会場外ということも多いから、お腹がすいたときは出店を利用することがほとんどだったような気がします。そういう屋外独特の空気だと多少単価が高くてもつい買ってしまうという心理を利用して、需要のありそうな場所を確保できたらケータリングカーで稼ぐのは簡単そうだと思いました。

飲食店を中心としたバルイベントの楽しみ

最近目立つようになってきているのが、飲食店を中心にしたバルイベントです。都会の繁華街で年に一度か二度くらい開催されているようですが、比較的狭い範囲で行われていることが多く、年間にすれば結構たくさん開催させているようです。参加してなかなか楽しい、面白いイベントと感じています。
ほとんどのバルイベントのパターンは当日券と比べると少し安くなっている前売り券か当日券を購入します。そのチケットは5枚程度のつづりになっており、大抵は3000円から4000円程度の購入価格ですので、一枚あたりにすれば600円から700円程度です。それを持って決められた参加飲食店を飲み歩くというパターンになります。
そのチケットを持って、バルイベントの参加している飲食店などに行ってそのチケットで、ちょっとした料理とアルコール類を楽しめるという具合です。バルイベントでチケットによって提供される料理は決まっていることがおおく、ワンドリンクと合わせられている場合がおおくなっていますが、それぞれの飲食店が趣向を凝らした料理が提供されることが多く、それもまた大きな楽しみです。しかし、さすがに一枚600円か700円程度のチケットではそんなにたくさんの料理というわけにはいかず、ちょっと一杯という感じです。
しかし、実はそれがバルイベントの大きな狙いであるといえます。たいていの人はある飲食店にいる時間はちょっと一杯程度であるので長く居るわけではありません。すなはち、大抵のお客は飲み歩きをするということになります。この程度の量の料理とアルコールであれば3軒くらいは余裕で飲み歩きができることになるでしょう。その食べ歩きと飲み歩きを楽しむのがバルイベントの最大の楽しみであるのです。
その飲食店の最も食べてほしい料理を提供し、客は一時にたくさんの料理を楽しむことができるというイベントなのです。しっかりと楽しむためにはあらかじめバルイベントの情報を整理していく必要があります。

1 2 3 4 5 6
PAGE TOP ↑