〆料理やその時期に合う料理を出すことが大切な飲食店

いかに多くの客が来るかと考えたら、その季節に合う食事やドリンクを出すことが必要です。飲食店を繁盛させるには、どんなドリンクを出したらよりお客が来るかを考えると良いのです。

寒い季節にはホットチョココーヒーや熱燗を出せば、よりお客が行きたいなと思う飲食店になるでしょう。夏なら冷たくてスルスルっと食べれる料理を、冬には温かくなる鍋焼きうどんなどを出すようにするのです。

他にも、繁盛する飲食店にするには、〆料理に力を入れるといいのです。その〆料理には最後に食べて良かったと思う料理を出しましょう。ちょっとお腹を満たしたいと思うならさっぱりとした料理にしたり、鍋の余った汁を使って美味しい料理にできるものを作るのです。

飲食店もお弁当を作ったり、地元の食材を使っている料理を出すのが人気です。結婚式の2次会ができるようにしたりすると、より人気が出ます。

10月ならば松茸を使った料理を出すと人気が出ますし、シシャモ料理や大和いもも人気が出ます。フルーツなら青森県のフジというリンゴを使ったスイーツを作るのがポイントです。

仕入れというものも大事です。いくら腕が良いからと言っても、仕入れの単価が高すぎて儲けが少なければ意味がありません。安くて大きな食材をいかに色々な料理にアレンジすることができるかを考えられれば、より儲けの高いお店となります。

1つの食材を3つの料理にできるかということも考えるのです。

仕入れ先を確保するにも、単価を安く提供してくれるお店を探すのもポイントです。お得意様になれば、安く仕入れることができるようにもなるものです。

安くても濃厚で味が良く、色々な料理に使えるような食材を選びましょう。ちょっと変わっている食材を使い、美味しい料理を作るのも腕の見せ所です。

いかに目で楽しめて、しかも安く作れるかを考えるのも、お店を開く際には重要です。自分だけではちょっと自信がない人は、コックや板前を採用するのも良い方法です。

飲食店の正社員などの転職について

飲食店に正社員として転職を考えているという方も少なくありません。
こうした飲食店の求人ですが、今は人手不足の業界であるといわれており、全国的に需要があります。
ですので、全国でこうした正社員の仕事は探すことが可能となっているのです。
こうした飲食店の正社員の転職ですが、また未経験からでも歓迎と言う会社が多く、たとえばフリーターからでの就職なども可能な業界となっています。
また、学歴なども不問であることも多く、やる気さえあれば、採用してもらえることも多いのです。
しかし、こうした飲食店の仕事ですが、とても大変な仕事で、労働環境も過酷となっていますので、体力的に優れている人でないと、なかなか厳しい側面があります。
たとえば、深夜まで営業している店舗も少なくありませんし、またシフト制の仕事がほとんどとなります。
ですので、連休などはずっと仕事をしなければならないということも多いですので、家族がいる場合などは休みが合わないといった悩みなどを持っているという人も多いようです。
しかし、こうした飲食店での仕事はやりがいなどもあり、また自分のお店を出すという目標などを持っている人も少なくありません。
ですので、やりがいなどがあり、また夢がある人にはおすすめの業界となっているのです。
こうした求人ですが、アルバイトの求人もとても多く、アルバイトから正社員に採用されるという方も少なくありません。
フリーターから正社員に就職した例もたくさんありますし、またそのまま店長として活躍している人も少なくありません。
このようにさまざまな可能性がある業界であり、未経験からでも採用されやすい業界であるといえるでしょう。
こうした求人を探す場合は、インターネットの求人サイトなどがお勧めですし、気になる企業の場合は、ホームページなどにも掲載されています。
外食産業は今の時代増え続けていますので、転職先としては選択肢はとても豊富であるといえるでしょう。

飲食店で働くために面接に行くこと

飲食店で働きたいと思ってアルバイトニュースなどの求人サイトを見ていくともの凄い求人数であることにびっくりすることがあります。どこのお店も慢性的な人手不足を抱えていて、人手が足りない、あるいは十分ではないことが多いのです。高校生や、比較的年配の人が採用されたりもします。このように確かに飲食店は人手を必要としているのですが、誰でもよいというわけにはいかず、やはり働ける人を選ばなければならないという現実があります。特に接客業でもあるのでルックスも関係してきますし、できるだけ清潔感のある人を選びたくなるものです。そして髪の毛などもあまりに奇抜で長い髪をしていると調理された食事を出すときにあまりよい印象を与えないかもしれません。特にお店にこだわりのある洋食系のお店や高級飲食店などではオーナーはスタッフ選びを厳選するのです。

それでそのようなお店で働きたいと考えて面接にいくときには、間違いなく採用されるだろうという態度ではなく、できるだけ好印象を与えることができるような態度や受け答え、そして服装や髪型にも注意を払っていきたいものです。面接のときに、お店側からいろいろな点を指摘されるかもしれず、お店のイメージや守るべきこと、そしてしてはいけないことなどの注意の説明を受けるならばそれらを真剣に聞いて、お店の役に立ちたいということを態度で表すようにするのです。そうすることで面接でもよい印象を持ってもらい、働くことができるようになるのです。そして飲食店というのは早くからオープンのために準備をしたり、仕込みをしたり掃除をしたりということをしていきます。最初から重要な仕事をまかせられることはないかもしれませんが、信頼されるようになっていくと大切な仕事もできるようになっていきます。そうすると自分の中で居場所のようなものができて、仕事が楽しくなっていき、同じ職場で友達ができたりして自分を広げることができるようになるのです。

飲食店の成功の鍵を握るのは立地条件

人間は食事を通じて栄養摂取する事で生存しています。よって基本的な栄養素さえ確保すれば生きる事は可能です。しかし大半の人間は食べ物に対してより良い味を要求しています。それは人間にとって食べる事は重要な行為であり、欲求を満たすためには必要不可欠だからです。だから飲食店を経営する者が活躍するようになりました。飲食店は食べ物の味を引き出す修行を積んだ者が、料理を食べる者の代わりに調理を代行する場所です。食材の旨味成分は勉強して知識を増やさない限り、真価を発揮する事はありません。そのため料理に必要な知識は報酬になり得るのです。それに加えて料理の味を高いレベルにするためには技術を習得する必要があります。それはプロの料理人の下で何年も研鑽を重ねた者だけが体得出来るものです。だから現代では飲食店の料理を食べたいと望む者が後を絶ちません。それ故に確かな料理の腕を持っている者は直ぐに開業したいと考えるようになります。ですが飲食店を経営して成功を収めるのはひと握りです。それは飲食店の運営が料理の腕だけで成り立つからではないからだと言われています。料理を提供する場所である飲食店は最低でも客席と調理場が必要です。客席と調理場に必要な敷地面積は広いため、通常の住居をレンタルするよりも割高になります。よって維持費だけでも高額になるのです。それに加えて飲食店は公共料金による出費が大きい事でも知られています。常に最大火力を使い続ける場所である上に複数の電気設備が稼働しています。維持するために必要なエネルギーが莫大になるのは必然です。だからこそ素材の仕入れを上回る売上を得ていても、飲食店の経営が安定しない事があります。料理店のオーナーとして活躍するためには、経営者の視点も大切な要素だと考えられているのです。成功へ導くために絶対不可欠なのは立地条件への意識になります。飲食店を経営している場所に人が集まらなければ大きな利益を得る事は出来ません。だから顧客層とメニューの相性で重要になる立地は注意する必要があります。

飲食店は初期投資が必要であるが当たれば儲けがとても大きい

 夢に向かって投資したいと思いいつかは独立して自分の店を持ちたいと思っている人はとても多いです。ただ独立するには資金も必要になってきます。またノウハウを持っていないとお店を開業しても赤字続きになってしまいお店もすぐにつぶれてしまいます。そのようにならないためにも独立前にはある程度修行してノウハウを身につけることがとても必要になってきています。
 飲食店は最近のアベノミクスによる景気の上昇で外出先でお金を使う人が増えていることから出店が多くなってきています。特に休日に高くて贅沢なものを食べたいと思う人が多いことから高単価の店とっ安くておいしいお店の二極化している印象があります。そのため出店するときにはその地域のニーズをつかむことが重要です。あまり人どおりが少ない都会でないところに高級店を出店しても採算があわずにつぶれてしまいます。また東京の都会であまりに客単価の低い店をだすと固定費も多いために利益をだすことが難しいこともあります。地域のニーズに合った飲食店の出店がとても重要になってきます。
 また最近の健康志向によって食の安全面がとても重要になってきています。高いものでも産地がはっきりしている国産が良いというお客が増えていることもあり、食材の質が最重要です。健康に気を使う人が多いことから外国産の野菜ではなく国産の野菜を売りにしているお店が繁盛していることもあるので飲食店は今や食材で決まるといってもいいでしょう。
 そして肉がブームになっていることから高級焼き肉店が出店されていて激戦になっています。儲けをあげやすい肉業界ですがやはり仕入先に肉が最重要で良い肉の仕入れで決まることが多いです。国産の良質の肉を食べたいと思う人が多いため利益が上がる可能性が高い業界です。これから良質の肉が仕入れることができれば焼き肉店をオープンしてもやっていくことが可能で都心でも郊外でも出店することができる可能性のある飲食店が肉なのです。

ホールスタッフの良し悪しは飲食店の回転率に影響を与える

 飲食店が効率良く売り上げを上乗せしていくためには、お客の回転率がとても重要になってきます。メニューが高単価ならそれで儲かりやすいと安易に考えてしまうかもしれませんが、もしも回転率が悪かったら必ずしもそうとはいえません。つまり、高単価でなおかつ回転率が良いというのが、飲食店にとって究極の理想形なのです。

 そして、回転率を良くするために欠かせないのが、注文された商品の提供スピードです。お客が食事をする時間に関しては、店側がコントロールすることはとても難しいです。食事は早い人もいれば遅い人もいますので、そこはお客にある程度は任せるしかないです。しかし、商品の提供スピードはそうと言い切れないです。注文を受けてから厨房にそれを伝え、実際に料理を作ってから配膳されるまでのスピードは、飲食店側の努力や工夫によって短くすることができます。

 そのためには、料理を作らないホールスタッフというのが意外と重要です。注文しようと客が何度も呼んでいるのにうかがうことができない、注文された商品を厨房へ正確に伝えられない、レジに時間がかかって手を空けられないなど、ホールスタッフがもたついてしまうと商品の提供スピードに影響が出てしまい、結果的に回転率がどんどん悪くなってしまいます。そうすると、お客からすれば「サービスの悪い店」という印象がとても強くなってしまいますし、飲食店側にしても回転率が上がらないため売り上げの減少につながってしまうのです。

 飲食店は料理がおいしくてその価格が高ければそれで売り上げが上がると考えてしまいがちですが、必ずしもそうとは言い切れない部分があります。ホールスタッフの手際が良いのと悪いのとではその回転率に雲泥の差がつきますし、お客様満足度にも影響しますからリピーター率も当然のことながら変わってきます。ですので、商品の提供スピードを早めるならホールスタッフを充実させることが大切ですし、そうしなければいけないのです。

食べログが普及する以前は飲食店との一期一会の出会いがあった

食べログのおかげで、日本中の飲食店の情報をネットで得ることができるようになりました。前調べでだいたいのことが分かるので、ネットが普及する前に比べて、お店選びで失敗することも格段に少なくなったものです。暇さえあれば、どこか美味しいそうな飲食店はないかなーと食べログを眺めてしまう今日このごろです。

ところで、私がこれまで食べたなかでもっとも美味しいと感じた中華料理は、神田の駅前にあった上海料理屋さんなのですが、これがどうしても食べログで見当たりません。随分昔のことですので、神田という記憶がそもそも間違っているのかもしれません。しかし、近隣の中華料理屋の情報を調べても、やはりそれらしい店には行き当たらない。ひょっとしたら閉店してしまったのでしょうか?しかし、あんな美味しくてリーズブルな飲食店が経営不振に陥るとは、どうしても思えません。ああ、懐かしのあの店。そこで上海料理を食べるまでは、中華料理と言うと四川料理のことばかりだと思っていました。唐辛子や花椒をたっぷりと効かせた辛い中華料理です。あれはあれで大好きなのですが、私が神田で食べたと記憶している上海料理は、すごくシャープで洗練された味でした。油っこさがまったくなく、味付けは質素。しかし、物足りところは全くなく、確かな素材の旨味を感じさせるような料理。中華料理にはこんな一面もあるのかと心底驚かされたことを今でも鮮明に覚えています。それなのに、再訪しようと思っても、お店の場所が分かりません。神田を訪ねても、それらしきお店が見つかりません。食べログでなら見つかるだろうと期待しても、食べログですら見つからない。世の中の全ての飲食店がネット上にカタログ化されるような時代にあって、全くもって情報に行き当たらないだなんて、なんだか幻のような飲食店です。

きっと食べログが普及する前までは、みんなこんな感じだったのでしょうね。印象に残る飲食店と出会っても、それが不慣れな町で偶然入店したような店であったならば、再訪することは難しい。そんなふうな飲食店との一期一会の出会いが、情報社会以前には溢れていたんだと思います。今となっては幻のような時代です。

飲食店で働く夫とその家族の事情とは

夫は飲食店勤務です。飲食店と言えば拘束時間の長い勤務時間というものを想像しがちだと思いますが、確かに夫の職場もランチタイム後からディナータイムの間に休憩時間はあるものの、拘束時間は長めではないかと思います。

夫が飲食店で働き始めたのは、結婚後のことでした。実はその前はサラリーマンだったのですが、勤めていた会社が倒産してしまいました。就職活動を頑張ったのですが、同業種の職業に就くことが難しく、キャリアを変更した方が良いのではないかと思ったところ、昔から興味のあった飲食業であれば就職先もかなりあるということがわかり、働き始めたという次第です。

30代からのキャリア変更だったので、最初はかなり苦労したようですが、今ではそれなりに色々出来るようになったようで、責任のある仕事も任されるようになりました。
結構楽しく働いているようなので、安心しています。

ただ、そんな私にも実のところ悩みというモノがあります。
飲食店は土日や祝日などがかき入れ時なので、夫は仕事を休むことができません。そのため、子どもの学校行事などの際にも夫は参加することがほとんど出来ないでいます。
運動会は特に家族で見学に来る人が多いため、一人でポツンと見学しなければならないのは少々淋しい気持ちもしますが、最近はサービス業に従事しているご主人も増えているようで、私のように一人で運動会の見学に来ている方を多く見かけるようになりました。

夫ももちろん、子どもの運動会などを見学したいという気持ちはあるようですが、ビデオ鑑賞で我慢をしてもらっています。
あまり家にいないため、子どもと接する時間がどうしても少なくなってしまうという欠点はあるのは否めません。しかし、月に一度夫の職場よりディナーの招待があり、その時に子ども共々夫の仕事ぶりを間近で見ることができるという機会があり、子どもも働く父の姿を見ることで尊敬の念というものを感じることが出来ているようです。

転職として始めるケータリングカー

今は転職ブームとなっています。今までやってきたことを大きく変える転職は生活スタイルを変えるきっかけになり、毎日の生活にほどよい緊張感とやりがいを与えることになります。勇気はありますが、現状を変えるために転職を考える人たちは多くなっているのです。そのような中にあって、独立して自分で稼ぐ仕事、自営の仕事をしてみようと思う人たちがいます。彼らは自分のやりたいことにチャレンジするのであり、最初はうまくいかないかもしれませんが、やがてはなんとかなるのではないかという期待を持っています。そんな仕事の中の1つがケータリングカーを購入してお店を開くというものであり、これは当たるとかなりの話題とそして収入にもなります。

ケータリングカーでの販売というのは時々スーパーマーケットやショッピングモールの駐車場付近、また高速道路のサービスエリアなどで見かけることがあり、かわいいデザインとお店がとても印象的です。ちょっとお腹が空いてきたときに、いい香りがすると食欲をそそられて食べたくなるのであり、そのタイミングでお客が集まることになります。たこ焼きやクレープ、またケバブなどはトルコの食べ物であり、異国の雰囲気と味で日本人には魅力があります。その地域でこうしたケータリングカーが話題になっていくと、口コミやうわさで広まっていき、それはお客をどんどん呼び込むことに成功することになるのです。

こうした仕事を成功させるためにはいろいろな準備が必要になります。車の購入や、食材の仕入れ、そして実際においしいその食事が出せるように料理の腕を磨いていくことが必要になりますし、どのような場所にお店を出すのか、ということなどもあります。試行錯誤を繰り返すことになるかもしれませんが、1つ1つ乗り越えていけば必ず成功していき、転職して本当によかったという気持ちと満足感を持つことができるようになるのです。ケータリングカーはその面での助けになるのです。

1 2 3 4 5 6
PAGE TOP ↑