天井も高くて幅も広い大型のケータリングカーが快適

公開日: 

ケータリングカーは、大型のものなら4トントラックほどの大きさもあります。これだけ大きければ、かなりキッチンも大きくとれます。そうすれば、より大人数の料理を調理することができます。シンクは大きいですから、洗いものもバッチリです。まな板を置ける棚も広いですから、多くの調理ができるわけです。

水のタンクも大きなものを設置できますし、皿を多く置けるスペースも確保できるわけです。中で働く人が3人になっても、ぶつかることなく快適に作業ができます。これは、やはりとても重要なことです。

多くの料理を調理するには、やはり人手が必要です。そのスタッフがより効率よく動けるということは、それだけ多くの食べ物を調理してはスムーズに出せるわけです。ですから、よりお金になります。

そんなケータリングカーは、大型であれば天井も高いのが特徴的です。天井がちょっとした部屋ほどの高さもあるので、かなり頭をぶつけずに快適に調理ができます。頭をぶつけなくて済むので、みんなでしっかりと立って調理ができます。中が広いと、やっぱり快適さがまったく違います。調理している時の熱が中にこもりにくいから、より快適なのです。

ケータリングカーは、とっても広々とした幅にもなっています。より動きやすいように、大型のケータリングカーは幅にもかなり余裕があります。そんなところで行ったり来たりできるから、より楽しく働けるわけです。

でも、きちんと手の届くところに冷蔵庫をつけることができたり、シンク台があったりするので、そこもとっても便利なのです。

多くの人を迎えるのですから、やっぱり快適に動けるのは大事なところです。

又、中でもスタッフが寛げるのも大事です。雨が降ってきても中で寛げれば、それだけでもストレスとなりません。せっかく働いてもらうスタッフには、圧迫感を感じてもらっては困ります。

1人は接客をして、1人は調理、1人は梱包を担当すれば、よりスムーズに仕事ができるのが魅力的です。

PAGE TOP ↑