ユアドリームはなぜ詐欺疑惑がかかっているのか?

ユアドリームはなぜ詐欺疑惑がかかっているのか?

このユアドリームをネット上で検索すると「詐欺だ」などといった意見が目につきます。詐欺も何も実際に私は稼げているのに、どうしてこのようなことになっているのでしょうか?

私自身、ユアドリームを実践してお金を稼げているので詐欺だと思った事はありません。私の実体験に関してはこちらのレビュー記事をご覧ください。
ユアドリームは本当に儲かるのか?実際に試してみました!

少し調べてみると、意外な事実が判明しました。なぜそのようなことになっているかも含めて、その詐欺疑惑について掘り下げてみたいと思います。

株式会社アシストの会社名が悪評を呼んでしまっている!?

その理由を探ってみると、ユアドリームの運営会社である株式会社アシストの名前が影響している可能性がありそうです。

というのも「株式会社アシスト」で検索すると、同名の他の会社による悪評がネット上に散見され、そういった意見がここの評判であると勘違いされてしまっている可能性です。世間でも何か不祥事があった企業と同名の企業が風評被害に遭うという話を聞くことがありますが、同様のことがここで起こっているのかもしれません。

実際に経験している私からすれば、詐欺という意見があること自体信じられません。もしかしたら、体験してみたものの思ったような成果が出ずに、詐欺だと言い回っているだけなのかもしれませんね。

ブログ本文にも書いていますが、アシストのスタッフさんが仰るにはやるべきことをやらずに成果が出ず、その結果クレーマーになってしまうという顧客もいるそうです。もしそうであれば、お互いにつらい結末となってしまった、本当に悲しいパターンです。

また運営者の武田哲也さんの名前も同様に悪評を呼ぶ原因になってしまっている可能性があります。有名人の名前と同じだ!と思ったあなたは早とちりです。あちらは武田鉄矢さんなので検索避けをしているわけでもないのに、検索避けだと疑惑をかけられしまっているようです。

実際に検索してみると「もしかして」とは表示されますが、武田哲也さんの検索結果が武田鉄矢さんで埋め尽くされる事はありません。こういった偶然が悪評を加速させているようです。

ライバル企業が陥れようとしている可能性も!?

また、これは憶測の域を超えないものですが、ライバル企業が悪評を流すことで、その会社の評判を下げ、相対的に自分の会社の商品をよく見せようとすることがあるようです。

ネット上は匿名でいろいろなやり取りができてしまうことから、悪評の塗り合いが容易に行えてしまいます。これがネット上に蔓延っている「詐欺だ」などの罵詈雑言の一部であると個人的には思っています。

ネットでは美味しい話に気をつけろとよく言われますが、こういうマイナスの話も尾ひれがたくさん付いている可能性がありますので、どのような意見も額面通りに受け止めずに冷静に判断する必要があります。

実際に情報商材系の広告を扱うアフィリエイトサイトが悪評を流すことがあるようです。理由は自分の販売している情報商材に誘導する為です。

どういうことかと言うと情報商材系の広告アフィリエイターが自分の販売する情報商材を売る為に、目に付いた人気の情報商材を悪く批評して「自分はもっと良い商材を知ってます!これを買ってください!」と誘導するサイトが多く存在しているんです。

このパターンもある意味ライバル企業が陥れようとしていると言えると思います。大事なのは批評している人が本当にユアドリームを実際に試したことがある人なのかどうかという点です。

詐欺商材かどうかを見極める方法とは!?

ネット上で展開されているビジネスには、どの案件にも「詐欺だ」という意見がついて回ります。逆にいえば、詐欺だと言われていないビジネスなんて存在しません。

では、本当に詐欺まがいのようなビジネスと、詐欺の汚名を着せられているだけの真っ当なビジネスを見分けるにはどうしたらいいのでしょうか?

ネット上ではどんな汚名も簡単に着せられ、それを完全に拭うのはほぼ不可能なのです。そしてそれの真偽を見定めることも簡単なことではありません。正直なところ、ネット上の情報だけでそれを判断するのは困難です。

私が考える最も効果的な方法は、運営会社に直接コンタクトを取ることです。私のケースでは、株式会社アシストがユアドリームについての説明会を行っていたこともあって、その運営スタッフなどを自身の目で確認することができました。今も説明会をやっているかは分かりませんが、もし開催しているようなら参加してみた上で信用できるかどうかを判断するとよいかと思います。

いきなりそういうものに参加するのは怖いという意見もあるかもしれませんが、現在は法律によって強制的な契約はできないようになっています。極端な話、ハンコを持っていかなければいいのです。

また、説明会が現在行われてなかったり、遠方で参加できないという方は直接電話してみるといいかと思います。相手の声を聞いてみる、電話対応の温度を感じてみるというのも大切なことだと思います。

相手が詐欺業者なら、私たちのことは金づるにしか見ていません。そういう業者は、面倒な対応は好まない傾向にあります。実際に思っていることをぶつけてみて、その反応を見た上で判断するのもいいでしょう。

どうしても自分で電話したくないという方は特定商取引法に基づく表記を見てみることをオススメします。ここにメールアドレスや電話番号が書かれていない情報商材は100%詐欺を目的としています。

住所を実際に調べてみるのも良いと思います。実態のないバーチャルオフィスだった場合、非常に危険です。最初から逃げるつもりで契約してる場合が多いからです。

ユアドリームに関しては、そういう詐欺疑惑が出るような表記はありません。万が一そういう対応や表記があったら、ユアドリームはやらなくていいと思います。相手の対応を肌で感じて、ユアドリームが、株式会社アシストが信用できるものなのかどうかをきっちり判断していただけたらと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。